広見線で出会った可児・御嵩の素敵な風景

  〜審査結果〜
2016年9月15日(木)〜2017年1月13日(金)の期間で、観光グランドデザイン部門、
スマイル部門、名鉄広見線部門に関する写真を募集しました。
ご応募いただいた皆さま、本当にありがとうございました。
厳正なる審査を経て、すべての入賞作品が決定しました。
おめでとうございます!


◆ 最優秀グランプリ 
■受賞者 可児市 中村 美智子
■タイトル
初めての。
初めてのお散歩、初めて見た花。お母さんもうれしそう。赤ちゃんもうれしそう。
見ているこちらもハッピーになります。ずっと見ていたくなる写真です。
この世界にようこそ!

◆ 観光グランドデザイン部門 可児市観光協会長賞 
■受賞者 美濃加茂市 松井 英次
■タイトル
IKUSA
住みごこち一番の町は活力のある街、元気な街!将来の可児市をイメージしたところに注目しました。

◆ 名鉄広見線部門 名鉄広見線活性化協議会長賞 
■受賞者 小牧市 早川 幸夫
■タイトル
「田水張る頃」
夕焼け空を映した水田のきらめきに畔を歩く人物のシルエットがポイント。
名鉄電車の灯と車体への夕陽の写り込み、光るレールと印象的なシーンとなっています。

◆ スマイル部門 ZENT賞 
■受賞者 可児市 大竹 満明
■タイトル
青空へジャンプ
澄み渡る青空に元気良くジャンプする姿が心地よい写真です。
豊かな実りを予感させる蕎麦の花も、可児の土地の恵が感じられます。

◆ 観光グランドデザイン部門 入選
■入選 井戸田洋二、鈴村龍祐、松原豊
■佳作
福澄伸二、日比野憲輔、服部宗司、黒山史朗、橋本美月

◆ 名鉄広見線部門
■入選 山本洋敬、橋本すみ江、鈴木隆明
■佳作
加藤裕叙、渡邉寛治、原美由紀、猪子昇、亀谷義郎

◆ スマイル部門
入選 丹羽康、萩原麻紀子、田中未生
■佳作
富田麻里絵、林さゆり、原龍海、古本さおり、前田浩介



以上、敬称略です。