祭り・伝統を感じる自然に触れる遊ぶ・体験する歴史をたどる祭り・伝統を感じるゴルフを楽しむ温泉でくつろぐ


子守り神社大祭 子守神社大祭
場所 子守神社(可児市中恵土)
開催日 3月28日
アクセス JR太多線可児駅、名鉄広見線新可児駅からバス20分
子供のいない人には子授けを、お産のあるときは安産を、子供が生まれたときには無事成長を祈ります。

白鬚神社大祭 白鬚神社大祭
場所 白鬚神社(可児市土田)
開催日 4月第1日曜日
アクセス 名鉄広見線可児川駅から徒歩15分
天慶年間、平将門追討の命を受けた平貞盛の戦勝祈願が始まりといわれる神事です。400mある神社の参道を舞台に疾走する馬上から弓矢が射こまれ、勇壮な武家絵巻が繰り広げられます。毎年4月の第1日曜日に開催。
市の無形民俗文化財に指定されています。

久々利八幡神社大祭 久々利八幡神社大祭
場所 八剣神社(可児市久々利)
開催日 4月上旬の日曜日
アクセス JR太多線可児駅、名鉄広見線新可児駅からバス20分
久々利八幡神社の例祭で、からくり人形・獅子舞が演じられ、前後2台の山車が繰り出します。毎年4月上旬の日曜日に開催されます。
市の無形民俗文化財に指定されています。

川合獅子舞 川合獅子舞
場所 青木神社(可児市川合)
開催日 4月15日に近い日曜日
アクセス JR太多線可児駅、名鉄広見線新可児駅からバス20分
「悪魔払い」の獅子舞が行われ、花馬が配られます。

蘭丸祭 蘭丸祭
場所 可成寺(可児市兼山)
開催日 6月第1日曜日
アクセス
本能寺の変に信長とともに散った欄丸は今もその死を惜しまれています。その遺徳を偲ぶ多くの人々が集まって6月の第1日曜に開催されます。

光秀供養祭
場所 天龍寺(可児市瀬田)
開催日 6月上旬
アクセス
明智光秀の遺徳を偲ぶ人々が集まり開催されます。

百万遍の町流し 百万遍の町流し
場所 可児市兼山地内
開催日 7月1日から1週間
アクセス
毎年7月1日から1週間各町内毎に行われる江戸時代からの伝統行事です。夕方「光明返照・・・」と合唱しながら町を練りあるきます。

石原の提灯まつり
場所 建速神社(西帷子)
開催日 7月中旬
アクセス
1年の日数と月の数の提灯を灯した山車が曳かれます。

洞窟夏祭り 洞窟夏祭り
場所 お千代保稲荷下の洞窟(可児市羽崎)
開催日 7月中旬
アクセス JR太多線可児駅、名鉄広見線新可児駅からバス15分
戦時中の軍需工場用に掘られた洞窟を使って七夕まつりが行われます。

灯篭会
場所 南宮神社(可児市矢戸)
開催日 7月中旬
アクセス
参道に並んだ灯篭に描かれた狂俳と、ユーモラスな絵は、心を和ませてくれます。

輪くぐり
場所 白鬚神社(可児市土田)
開催日 7月下旬
アクセス
芦でつくられた輪を夏バテ防止、厄除け、無病息災を祈願し左・右・正面と3回くぐります。

可児夏まつり 可児夏まつり
場所 市役所駐車場(可児市広見)
開催日 8月第2土・日曜日
アクセス
盆踊りや各種イベントが開催されます。

兼山夏祭
場所 兼山総合会館ふれあい広場
開催日 8月盆に近い土曜の夜
アクセス
盆踊り、烏峰太鼓の演奏など暑気を吹っ飛ばす祭が開催されます。

戦国武者行列若獅子蘭丸 兼山祭
場所 兼山本通り(兼山橋〜貴船神社〜兼山公民館)
開催日 10月第3日曜日
アクセス
約300年前に始まったとされる貴船神社の祭礼。こどもみこしや、兼山城を築いた斉藤大納言正義を先頭に、蘭丸、坊丸、力丸の三兄弟が続く武者行列が行われ、華やかに戦国絵巻が繰り広げられます。
関連ページ http://www5.ocn.ne.jp/~shiraki/