自然に触れる自然に触れる遊ぶ・体験する歴史をたどる祭り・伝統を感じるゴルフを楽しむ温泉でくつろぐ

鳩吹山遊歩道
標高313.5mの鳩吹山頂上から雄大なパノラマが自慢の遊歩道があります。登山口は、大脇、真禅寺、西山、石原、カタクリ口の5ヶ所。
植物観察やバードウォッチングを楽しみながら頂上に達すると、眼下に木曽川や濃尾平野、遠くには白山や日本アルプスの山々を望むことができます。
また、北斜面に位置する可児川下流域自然公園にはカタクリの群生地が広がっています。
関連ページ
http://www.city.kani.lg.jp/4225.htm

東海自然歩道
東海自然歩道は、東京の「明治の森高尾国定公園」から大阪の「明治の森箕面国定公園」までの太平洋ベルト地帯の背後を結び豊かな自然と史跡を訪ねながら心身の健康と安らぎを得るための施設として昭和49年春に完成しました。
総延長は1,697qに及び、そのうち可児市内のコースは24qとなっています。

中部北陸自然歩道
中部北陸自然歩道は、新潟県山北町から滋賀県大津市までの雄大な山岳景観や日本海景観など多様性に富んだ歩道で、多くの人々が四季を通じて手軽に楽しく歩くことにより、その地域の豊かな自然、歴史や文化に触れ、自然保護に対する意識を高めることを目的として、平成13年春に完成しました。総延長4,029kmに及び、可児市内のコースは4.4kmとなっています。